集客の公式。集客できないなら「2つの原因」を疑え!

こんにちは、西井です。

駅前とか歩いていたら、
よくチラシとか配ってます。

僕、基本は受け取らずに
笑顔で会釈しながら断るんですけど、
たまにどこのお店に入ろうか
迷ってる時とか同じお兄さんの前を、
2回も3回も通り過ぎちゃいます。

そんな時、気まずいですよね〜。
みんなどうしてるんでしょう。

あと、反対に自分には声掛けて
くれないとなんか寂しいですよね。
受け取らないくせに、寂しがっちゃう
自分もどうかと思うんですが。。。

美容室のチラシなんかだと、
もうおしゃれ年齢じゃないのかな〜・・?
と切なくなったりしてます。

お年寄りが声掛けてくれないと、
「なんか怖そうなオーラ
出しちゃってるのかな?」
と心配になったりしちゃってます。

さて、

今日はチラシの話ではないんですが、
それとも少し関連する、
集客の原則の話をします。

インターネットで集客するのには、
知っておいた方がいい原則があります。

この原則を知っているか、知っていないかで
集客の効果が、10倍、100倍と
変わってくるからです。

その原則とは、
なぜ集客が起こるのかという仕組みを
カンタンな公式で言い表したもので、

集客 =
①人のいるところで × ②価値を提供する

という公式です。

①人のいるところで
②価値を提供する

という両方が揃ってることが大切で、

いくら面白い価値を提供してても、
人がいなけりゃ何も起こりませんし、

反対にいくら人がいても、何もしなけりゃ、
やっぱりあなたのところへは
人は集まりません。

両方そろうことがポイントです。

たとえば、インターネットの世界で言うと、
「①人がいる」というのは、
Facebook とか、アメブロとか、
Yahoo とか Google とか、
そういう元々人がたくさん
集まっている場所だと思ってください。

そして、「②価値を提供する」というのは、
面白い情報や、役立つ知識など、
価値あるものを提供するということです。

こうして聞いてみたら、
すごく当たり前なんですが、
①人がいるところで、
②価値を提供することで、
あなたも人を集められるんだと
イメージできると思います。

これはつまり、集客が
うまく行ってないとしたら、

①人がいない場所でやってる
②価値を与えられてない

のどちらかだってことが言えます。

たとえば、Facebook を使ってても、
自分の日記とか、どうでもいい話しか
してないなら、もちろん集客は
できませんよね?

どうしてだと思いますか?

そうですね、「②価値が与えられていない」からです。

こんな風に、この原則は
全てに当てはまるので、
僕らの集客がうまくいってない
としたら、あらゆる場面で、

①人のいるところでやってるかな?
②価値を提供できてるかな?

と立ち返って、考えてみることです。
解決すべき問題に気付くことが
できるからです。

特に価値については、

価値ってなんだろう?
どうしたら価値を与えられるんだろう?
自分が与えられる価値ってなんだろう?
どうしたら受け取って貰えるんだろう?
本当に価値になってるのかな?

と徹底的に考えてみるのがオススメです。

ホームページをつくったり、
ブログを書いていても、
集客に繋がらないとしたら、
自分の考えてる「価値」と、
相手の考えてる「価値」との間に、
まだまだ溝があるのかも知れませんよ。

※もちろん、「①人がいるだろうか?」
ってのもチェックしてくださいね。

ちなみに、この公式は、
実はインターネットに限らず、
ありとあらゆる集客に当てはまります。

たとえば、チラシは駅前とか
人通りの多いところで配りますよね?
(①人がいるところで)

また、いくら人通りが多くても、
内容に関心がなければ、ゴミ箱に
捨ててしまいます(②価値を提供する)

そう、この

集客 =
①人のいるところで × ②価値を提供する

という公式は、インターネットに
限ったものじゃないですし、
昔も今も、多分100年後も変わらない、
集客の原則的なものなんですよね。

WEB、名刺、セミナー、紹介、、、
なんでもあてはまりますので、
ぜひ覚えておいてください。

さてさて、今回は、集客の原則、

集客 =
①人のいるところで × ②価値を提供する

というお話をお伝えしました。
あなたはこれまで、この公式を
意識していましたか?

もし答えが「NO」なら、
今から意識すると大きなメリットが
あると思いませんか?

集客のことを考える時には、
本当、効果的なのです。

ぜひこれからは意識するように
してみてくださいね。

ではでは、最後までお聞きいただいて、
本当にありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビジネスコーチ。1973年大阪府生まれ。大阪大学大学院電子制御機械工学専攻修士課程修了。富士通株式会社に勤務後、WEBデザイナーになるため転職。人間中心の設計手法を学び、大企業のWEBサイトの設計やディレクションを多数手がける。現在は、自分自身が人間関係に苦手意識があった経験も活かしつつ、人のコミュニケーションや能力発揮をテーマに、執筆や教育活動を精力的に行う。得意分野はWEBマーケティング。日本マーケティングコーチ協会認定コーチ。