あまり時間をかけず、短時間でブログを書く方法

コーチ、セラピスト、士業の方なら、
お客様にもっとよく知ってもらうため
情報を発信したくて、ブログを
始められた方も多いと思います。

でも、ブログって
結構時間かかりませんか?

ブログ以外にも、
やることはたくさんあるし、
結構しんどいものかも知れません。

「ブログは毎日書きましょう」

とは、よく言われますし、
中には、

「一日3記事書きましょう!」

なんて教える方もいる位です。

でも、やっぱり
しんどいみたいで、
僕のところにも、

「毎日じゃなくても
 良いですか?」

「週に1回で良いですか?」

「時々でも良いですか?」

なんてお悩みを
打ち明けられる方も多いです。

もちろん、毎日じゃ
なくたって構わないと、
僕は思います。

それぞれ、
自分のペースや、お仕事の状況、
取れる時間だって違うので、
合ったやり方も違うと思うからです。

でも、もちろん
必要最小限はありますよ。

「ブログを使って集客したい」

のなら、時々思い付いた時に
書いてたって、やっぱり
効果は出ないです。

週に1回だって少ないですし、
そりゃ、毎日書く方が
集客に繋がりますよ。

時間をあまりかけないで
ブログ書ける人になるには?

そして、それなら

時間をあまりかけないで
ブログを書けた方が
もちろん良いですよね〜。

だって、時間が掛かるなら、
週1でも辛いんであって、
短時間で書けるんだったら
毎日でも構わないと思いません?

だから、いかに時間を
掛けないかが大事
です。

さあ、そして、
どうしたら時間を掛けずに
ブログを書けるようになるかですが

それは、

『毎日書くこと』

なんです。

・・・?
・・・?

なんだか、キツネが
化かしてるみたいな話なんですが
毎日書くことで、早く書けるように
なる
んですよね、これが。

もちろん、さっき
お話したように、
毎日は難しい人は、

『2日に1回』とか、
『月水金』とか、

のペースでも構いません。
大事なポイントは、

『習慣にしてしまうこと』

なんです。

何も考えずとも、
パソコンに向かって
書き始める状態にしちゃえば
すごく楽になります。

もちろん最初はしんどいですが、
1週間、2週間と、
時間が経つに連れて、
いつの間にか本当に
楽になってます。

歯磨きと一緒。

習慣にしてしまうんです。

それだけで、書く時間も
早くなります。

時々だと、

「あれ、どうだったっけな?」
「やり方、忘れたな」

とか考えてる時間が
実は結構あるんですよね。

でも習慣になっちゃえば、
こういう時間はどんどん
なくなっていくので、
それだけでも速くなります。

それに、身体を動かしてると
アイデアって意外と
出てきます
から、
書いてる内に、

「あれも、書こうかな?」

なんて思い付くんですよね。
そうしたら、そのアイデアは
翌日とか次回に、
再利用して使うこともできます。

本当、単純な話ですけど、
最初は無理矢理、時間をキープして
やり始めるうちに、
勝手に楽になっていく
という作戦なんですよね〜。

制限時間を決めて
切ってしまうのもオススメ

そして、

時間が掛かりすぎちゃう人は、
時間を決めて、切ってしまうのが
オススメです。

もう1時間だったら、1時間と決めて
それに収まらなかったら、
続きは翌日に回しちゃう方式
です。

ただし、1時間はちゃんとやる

この場合、2日かけて、1記事書く
ようなイメージですけど、
それはそれでOKだと思うんです。

なんにせよ、ポイントは『習慣化』

習慣的にやることで、
どんどん負担が減って楽になり、
スピードも上がってきます。

そして、もちろん
記事も増えていきますよね。

まとめ

まとめると、

STEP1.
ブログに取り組む時間を決める。
毎日だとか、月水金だとか。

この時、時間も決めた方が
やりやすいと思います。
朝イチだとか、寝る前だとか。

STEP2.
決めた時間を守って、
1週間、2週間、、、と続ける

STEP3.
キープした時間内に
終わらなければ切り上げて、
翌日に回す

STEP4.
習慣化されてきて、
どんどん、楽に、速くなる

ということですね。

というわけで今回は、
『ブログに時間をかけない方法』
として、習慣化について
お話しました。

ブログを、習慣化できれば、
時間が掛からなくなるのはもちろん
集客力や情報発信力なども
どんどん高まってきて
良いことづくめです。

あなたにとっても、きっと
価値があることじゃないですか?

良かったらぜひあなたも
習慣化に取り組んでみて下さいね。

ではでは、最後までお聞きくださり
ありがとうございました。

 

コメントお待ちしています

疑問に思ったこと、
分からなかったこと、
もっと詳しく聞いてみたいことや、
その他、感想など、

コメントに残して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事が役にたったと感じた時は、
応援クリックして頂けると、とても嬉しいです。