ブログを習慣化するための4つのポイント

今回は、ブログを習慣化する方法
をお話しようと思います。

ブログは記事を書けば書くほど、
集客力がアップします。

記事をいっぱい書けば、それだけ
ブログへのアクセスが
増えるということです。

  • 2記事のブログ
  • 10記事のブログ
  • 100記事のブログ
  • 500記事のブログ

があったとしたら、単純に考えて
500記事のブログがやっぱり
一番アクセスを集めやすいです。

もちろん、記事数だけが
すべてではありません。

すべてではありませんが、
記事数を増やしていけば、
あなたの文章力や情報発信力も
向上しますし、結果として
良いことづくめです。

なので、特に最初は、
記事数を増やすことを目標に
すると
良いかも知れません。

さて、

100記事、500記事を書くには、
1日、2日じゃ書けません。

短距離走じゃなくて、マラソン。

まとめて、バーッと書くのじゃなく
日々コツコツと、続けていくことが
必要だと思います。

つまり、ブログを習慣化するんです。

ポイント1:
3週間を目指す

ブログ習慣化のポイント1つ目は、
まずは、3週間続けることを
目標にしてみることです。

ものごとを習慣にするには、
3週間、3ヶ月がターニングポイント
だと言われています。

最初の3週間、続けられれば
段々とブログを書くことが
当たり前にできるように
なってくるんです。

そうなれば、

最初の3日よりも、3週間後の方が、
ブログを書くのが楽になってきます。

習慣化の良いところは
『楽になること』

まずは、3週間を目安に
してみましょう。

ポイント2:
頑張りすぎない

習慣化のポイント2つ目は、
頑張りすぎないこと。

ブログ書くのに、
1時間とか、2時間とか
掛けてしまうとします。

最初の1日、2日くらいなら
なんとかできるかも知れません。

でも、それ以上が
辛くなってしまいます。

3日坊主になっちゃう。

だから、それよりも
最初は無理しないこと。

最初は、30分とか
なんなら10分でも構いません。

10分だけブログを書くのを
1週間続けてみれば良いと思います。

それから、

次の1週間は、20分間、
その次は、30分間、

と徐々に身体を慣らして
いくようにしましょう。
ちょっとずつ慣らしていけば
30分、1時間くらいは
平気できるように、気が付いたら
なってると思います。

ポイント3:
時刻を決めておく

1日の中でブログを書く時刻も
決めておいた方が、
楽に習慣化ができます。

「今日も、あいた時間を
見付けてブログを書こう」

という毎日を続けるよりも、

「朝30分早く起きて、
ブログを書こう」

と決めておいた方が、
習慣化がしやすいということです。

あ、別に早起きした
30分じゃなくても良いですよ。

寝る前の30分、
お昼ご飯の後の30分、
夕食前の30分、

いつでも良いんですが、
『あなたルール』を
決めておくということです。

最初は、その方が難しそうに
感じるかも知れませんが、
すぐにこっちの方が楽だと
気付いて貰えると思います。

補足:
ルールにこだわりすぎないで

それと、補足すると、
このルールに縛られすぎないのも
大事です。

朝、起きられなかった、
お昼、急に友達に誘われた、

などなど、突発的な
できごとだって起こりますから。
こんな時も臨機応変に。

「今日は寝る前に書けば良し」

とかスマートに切り替えてください。

ポイント4:
書くことを決めておく

いざ、ブログを書こうとすると
悩んじゃうのが

「今日、何書こうかな??」

ということ。

悩んじゃうと、案外時間って、
あっという間に過ぎてしまいます。

10分、20分なんて、
本当すぐ経ってしまいますからね。

これを解消するために、
『何を書こうかな』というのは
事前にあらかじめ、
決めておく
のがオススメです。

何を書こうか決まってたら、
案外、楽に書き進められますから。

なので、できれば、
事前に決めておきましょう。

週末などに、
ちょっと時間を取って
1週間分ほど、何を書くかを
まとめて決めてしまうのも
良いと思います。

ネタ帳を作るのも良いですね。

普段、メモを持ち歩いて、
パッと思い付いた時に
テーマだけ書き留めておくんです。

こんな工夫をすれば、
案外、悩んでる時間が長いので、
すぐに書き始められるだけで
書くことで消費するエネルギーも
かなり軽減できると思います。

というわけで、
ブログを習慣化する方法を
いくつかご紹介してみました。

あなたも取り入れられそうなものは
見付かりましたか?
取り入れたら良くなりそうですか?

もし答えが「YES」なら、
ぜひ早速取り入れてくださいね。

ではでは。

最後までお聞きくださり、
ありがとうございました。

 

コメントお待ちしています

疑問に思ったこと、
分からなかったこと、
もっと詳しく聞いてみたいことや、
その他、感想など、

コメントに残して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事が役にたったと感じた時は、
応援クリックして頂けると、とても嬉しいです。