ブログを続ける4つのコツ

こんにちは、西井です。

ブログを続けるコツについて
お話しようと思います。

「ブログ書いた方が
 良いのは分かってるけど
 なかなか続かないんだよね。

 何を書いたら良いか分からないし、
 そんなにネタも出てこないし・・・」

あなたもそんな風に感じたことが
あるかも知れません。

ちなみに、僕のクライアントさんや
勉強会に参加してくれる方も
ほぼ全員(←やや大げさ)
そう言いますね〜。

実は、ブログを続けるのには
『コツ』があります。

コツを使えば、続けられます。

あなたも、薄々は感じてるかも
知れませんが、ブログ、継続して
できた方がやっぱり良いですよ。

書けば書く程、
アクセスが集まるのはもちろん、
書けば書く程、文章が上達します。

そして、

文章が上達するってことは、
単に文章だけが上達してる訳じゃ
ないんですよね〜

あなたの専門家としてのスキルや、
クライアントさんのことを考える力や
ビジネスのスキルそのものも向上してる、

そんな風に捉えても良いかも知れませんよ。

「何を書くと、役に立てるか」
「何を書くと、喜んで貰えるか」

日々そんなことを考えながら
ブログやメールで情報発信をすることで、
頭の中の色んな部分が刺激され、
成長しているんですよね。

ほら、そう捉えれば、
時々思い立った時に書くよりも・・・?

毎日継続的にやった方が
良い気がしませんか。

そうなんです。
ブログ毎日書けるようになると良いですよ。

じゃあ、いよいよ、毎日やるコツ。

コツ1. 毎日書くこと

毎日やるコツ・・・それは、
毎日書くことです。

あれ?

毎日書く為には、時々書くよりも、
毎日書いた方が、ラクチンなんです。

あれれ???

なんだか一休さんみたいな話で
ごめんなさい。

でも実は、けっこう本質で、
要するに、いかに慣れるかってところです。

毎日書くのを、当たり前にして
自然に書けるようになるのが、
一番ラクチンだと思います。

そして、その為に肝心なのは、最初。

最初が、やっぱり一番大変。

だから、次のコツ。

コツ2. 最初はとにかく、
『書いて公開するだけ』でOK

最初はとにかく、
『書いて公開するだけ』に集中。

「良いこと書かなきゃ」

「こんなクオリティで公開して良いのかな?
公開するレベルじゃないよね?」

「短すぎるよね・・・」

「役立たないよね?」

そんなこと、いっさいお構いなしで大丈夫。

とにかく、書いて、公開。
それだけに集中して下さい。

「毎日書くということに慣れる」

のが大事だからです。

慣れてしまってから、その次に
文章のクオリティを上げていく方が
近道だからです。

コツ3. 儀式化すること

そして、コツの3つ目。

それは、儀式化すること。

意志の力でやるんじゃなくて、
システムに組み込んでしまいます。

たとえば、

「毎日1記事書く」

じゃなくて、

「毎日、6時45分から、
7時までの15分間が
ブログの時間」

と決めてしまうのです。
なるべく具体的にルーチン化します。

コツ4. 人の力を借りること

さらに、コツの4つ目。

それは、人の力を借りること。
人に

「毎日ブログを書くことにしたんだ」

と宣言しちゃって下さい。

一緒にやる友達を見付けられると
一番良いかも知れないですね。

それ以外は、たとえばコーチとか先生とか。
家族とかでも良いかも知れませんよ。

人に話すと、強制力出ますから、
意志の弱さを補えると思います。

まとめ

まとめると、

1 毎日書くのを当たり前にする
2 クオリティにこだわらない
3 儀式化(ルーチン化)する
4 他の人の力を借りる

というコツをここまでお伝えしてきました。

どうでしょう?

結構ラクチンそう?それとも大変そう?

「ここまでやらなきゃいけないなら
 出来なくていいや〜・・・・」な気持ち?

でも、考えてみて欲しいんですが、
何か変化を起こそうと思ったら

行動して ⇒ 継続する

ってことは欠かせないんですよ。

ブログ書いてもダメで、
ある程度まで書き続けないと。

という訳で、チャレンジです。

最初、15分とか書くだけなんで、
やってみたら案外、
大したことないですよ。

ちなみに、

僕も、最初そうやって
ブログ書き続けました〜

慣れるもんですよ。

ではでは。
今回はブログを続けるコツについて、
お話しました。

また疑問などあれば、
コメントやメッセージなど
お気軽にお寄せください。

 

コメントお待ちしています

疑問に思ったこと、
分からなかったこと、
もっと詳しく聞いてみたいことや、
その他、感想など、

コメントに残して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事が役にたったと感じた時は、
応援クリックして頂けると、とても嬉しいです。