アイデアを出せる頭になる3つの方法。アイデアマンになって周りの人を驚かせよう

アイデアを出せる人になりたい
と思いませんか?

周りの人たちが、みんな
当たり障りのないことばかり言ってたり、
何も思いつかずにシーンと黙ってる中で、

あなただけが自信満々に口を開いて
他の人が思いつかないような意見を
話したりすれば、

「彼、なんかちょっと気になるな」
「おもしろい人だな」

と人の気を引くことができます。

たとえ普段は口数が少なくて
おとなしいとしても、時々の発言だけで
強いインパクトを残すこともできるでしょう。

周りの人にとって、あなたは印象に残るし、
あなたに魅力を感じてくれるように
なってしまうかもしれません。

さらに、

アイデアを出せることが素敵なのは
他の人とのコミュニケーションの場面だけに
限ったことじゃありません。

普段から面白いアイデアを
どんどん思いつくようになれば、

「良いこと思い付いたぞ!」

「この新しいアイデア、
めっちゃ良いんじゃない?」

と自分自身がワクワクしてきて、
やる気も出るし、モチベーションも湧きます。

仕事では、売れる商品やサービスの
アイデアを考えて売れば、お金を稼いで
ホクホクすることだって可能そうです。

彼女や大切な人を喜ばせるような
アイデアだって出して、

「あなた素敵♪」

と言われながら、円満な家庭を
築くことだってできるのです。

なかなか気付きにくいですが、
『アイデアを出せる人になる』のって
実はものすごく、人生にとって
価値の高いことなんですよね。

アイデアを出す3つの方法

そこで今回は、

あなたが頭の中に、どんどん
アイデアが湧き出るようにする方法

についてお話ししたいと思います。

どんどんアイデアが湧き出るようになるには
いったいどうすれば良いのでしょうか?

僕がオススメしたいのは、
たった3つのことです。

この3つのことを普段から
意識できるかどうかで、

あなたは、何にも思いつかずに、
他の人と同じようにシーンと黙りこくって
目立たないようにやり過ごすのか、

それとも、

新しいアイデアがどんどん湧き出て、
周りの大切な人を楽しませたり、
面白いアイデアを出せる人だと
周りから認識され、頼りにされるのか、

どちらの人生を送ることになるのか
左右されてしまうんですよね。

しかも、それくらいインパクトが
大きいにも関わらず、これからお話する
3つは本当にシンプルな方法です。

でも、人生が激変するくらいの
大きな違いになってしまうので、
これからお話する内容を
ぜひ物にして欲しいと思います。

ごく簡単なことなので、

「そんなこと?」

と思ってしまうかもしれませんが、
結構、根拠もある話でもあります。

僕は、これまで長いあいだ、
クリエイティブにアイデアをどんどん出すことが
求められる仕事に身を置いてきました。

・・・そんな中で学び、ずーっと長く
実践している方法だったりもするんですよね。

また、日々続々とアイデアを生み出しながら
億を売り上げるような経営者から
秘密裏に聞くことができた
具体的な方法なども含んでいます。

なので、ぜひ取り入れるつもりで、
聞いてもらえると嬉しいです。

1. アイデアは質よりも量。たくさん数を出す

アイデアを出せる人になる1つ目の方法は、
とにかく数をいっぱい出す
ということです。

優れたアイデアを出そうと
うんうん悩んで固まり続けるよりも、
数をたくさん出すことを重視します。

良いアイデアを出すのは難しくても、
「くだらないアイデア」
「全然ダメなアイデア」であれば
なんとか思いつくような気がしませんか?

四六時中、超絶につまらない
おやじギャグを飛ばし続けている
うざい上司であっても、
ごくたまに面白いことを言って
笑いが巻き起こることありますよね。

まぐれ当たりって、たまにあるのです。

そのおやじギャグ上司だって、
ギャグがウケた時だけは
すごく気持ち良くて、
嬉しい思いをしてる気がしません?

そうそう、だから僕らも、
そのたまの当たりの嬉しい感情を味わうには
くだらないアイデアも含めて、
とにかく数を出すことが大切なんです。

ちなみにやってみると分かるんですが、

1つ目を出すと、2つ目、
2つ目を出すと、3つ目、

って風に、アイデアは連鎖して
1つのアイデアからまた別のアイデアが
思い浮かんで出てきたりします。

だからおすすめなのは「紙に書くこと」

後で見て、次のアイデアに繋がりますからね。

まあ、一見くだらなさそうなアイデアも、
後々みたら案外面白かったりもします。

(本当に、クソつまらないのもありますが)

こんな風にして数を出すことを意識してると
最初の10個くらいまでは出てこなくても、
だんだん調子が乗ってきて
どんどん出始めるんですよね。

そして、面白いアイデアは、
いっぱい出した中に紛れてることも多いんです。

そう。だから、
目指せ、おやじギャグです。ガハハ。
数を出すことをやりましょう。

2. アイデアは四六時中、ぼんやり考える

アイデアを出せる人になる2つめの方法は、
四六時中ずっと考えることです。

机の前でウンウン考えていても、
何も思いつかなかったのに、
ゆっくりお風呂に入ってる時や、
なにげなく散歩している時
朝布団の中で目が覚めた時なんかに、
パッと面白いアイデアが浮かんできたりします。

ぼーっと、ふわーっと、なにげなーく、
アイデアってやってきたりするんですよね。

アイデアって、気ままな猫みたいなものです。

ところで・・・、

机の上では何も思いつかないのに、
普段の何気ない時にアイデアが降りてくるのって
実は、理由があるんですよね。

それは、日常の中にアイデアのヒントが
たくさん紛れ混んでいることです。

目で見たものとか、
音を聞いたものとか、
においを受けたものとか、

そういう外界から刺激されて、
いろんなヒントって入ってきてるから
僕らの脳みそが影響を受けて
パッとアイデアを思いつくんです。

無意識なことも多いですけどね。

四六時中なにかを考えると、
そのためのヒントが集まってくるのには、
実は人間の脳機能の1つを活用しています。

RAS(網様体賦活系)という脳機能です。

もうようたいふかつけい、です。

いきなり耳慣れない言葉を
使ってごめんなさい。

RAS(網様帯賦活系)というのは
五感を通じて入ってくる情報を
必要なものと、不必要なものに
振り分ける機能のことです。

たとえば、僕は以前引っ越そうと思って
家を探してたのですが、
そうすると、普通に街を歩いてるだけでも
今まで気にも留めてなかった
アパートやマンションが

「ここ、どんな間取りだろう?」
「ここ、築何年だろう?」
「ここ、家賃いくらくらいだろう?」
「ここ、良いなー」
「ここ、いまいちだなー」

とめちゃめちゃ気になるようになりました。
街を歩くのが面白くなったんです。

これが、RAS(網様帯賦活系)です。

家に興味を持つと、
街を歩いてても家の情報が
集まってくるようになります。

人間の脳には、はじめから
こんな便利な機能が備わっています。

だから、アイデアを集めるのにも、
RAS(網様帯賦活系)を使うのです。

アイデアが欲しいと思ったら、

「〜〜のアイデアはないだろうか?」

と考えながら、ぼーっと過ごしましょう。

イメージは、
あなたがアンテナになるってこと。
電波を集めましょう。

情報が向こうから勝手にどんどん
集まってくるようにするんです。

アンテナ人間になるためのスイッチは、

「〜〜はないかな?」

と普段なにげなく意識すること。

それだけで、脳の機能が勝手に働き出し
アイデアのタネが集まるようになるんですから、
使わない手はありません。

おしゃれなスーツを持ってるなら、
着て出掛けたくなりますよね。
最新型のスマホを手に入れたら、
毎日使いまくりたくなりますよね。

タンスの奥に入れて置いたり、
ケースに入れたまま放ったらかしに
しておいたらもったいない。

せっかくの良い機能を持ってるので、
使いましょう。

というわけで、
アイデアを出せる人になる2つめの方法は、
ぼーっとで良いので、普段の
日常の中でも「アイデアがないかな?」
と意識しておくこと。

アンテナ人間になりましょう。

3. 人の力を借りる

アイデアを出す人になる方法の3つ目は、
人の力を借りるということです。

一人で考えていると、
アイデアって煮詰まってしまうのは、
致し方ないところもあります。

でも、人と一緒にアイデア出しをすると、
面白いくらいにアイデアが湧き出てきます。

他の人って、自分とは
全然違うことを言いますから。

「そんな視点があったのか!」

「その発想はなかったー!」

「こんな下らなさそうなアイデアで
良いと思ってくれるんだー!」

などなど。驚きの連続ですよ。

また、他の人のアイデアを聞くと、
またそこから新しく別のアイデアが
浮かんだりもします。

本当にどんどんアイデアが湧き出てきます。

一人で考えてると、
頭だけで考えがちですが、

人と一緒にやると、話すので、

  • 口を動かしたり、
  • 身振り手振りを使ったり、
  • 耳も使うし、

体全体を動かすことになるので、
それも良いんでしょうね。

出すだけででなく、聞く、
つまりアウトプットとインプットを
同時にやりながら進んでいくのも
良いんだと思います。

アイデアマンになる3つめの方法は、
人の力を借りて、一緒にやること。
とてもおすすめの方法です。

実際めちゃめちゃ面白いアイデアが
思いつくのって、人と話してる時が
多いように思うんですよね。

アイデアを出せる人になると、人生変わるかも

さてさて、そんなわけで、
アイデアを出す人になるための
3つの方法についてお話してきました。

アイデアが出せる体質になれば、

面白い発言ができるようになって、
周りの人から「面白い人だな〜」
認識してもらえたり、

仕事での、売上を増やす
アイデアを次々思いついて儲けたり、
給料アップやボーナスにつなげたり、

家族や彼女を喜ばせるアイデアを
たくさん思いついて、素敵な人だと
あらためて思ってもらえるようになったり、

あなたにとっての、人生を変えるような
メリットにもなっていくことと思います。

そのために、あなたがやるべきことは
非常にシンプル。

  1. アイデアは量より質。数で勝負する
  2. アイデアは四六時中、普段から考える
  3. 人の力を借りるとアイデアはめちゃ出る

というシンプルな考え方を
取り入れて実行するだけです。

シンプルすぎて見逃されてしまうんじゃないかと
逆に心配になってしまうんですが、
やることが大切なので、ぜひあなたの
人生のためにも取り入れて欲しいです。

アイデアを出せる体質になることは、
人生を変えていくためにも
大きな力になってくれますからね。

周りの人からの評価も上がるし、
自分自身の自信にだってなりますから。

なので、今すぐに、簡単にできそうな場面や
少しずつでもできそうな場面からで
全然構わないので、取り入れて、
アイデアを出す達人になってみて下さいね。

ではでは、最後までお聞きくださり、
ありがとうございました。

 

コメントお待ちしています

疑問に思ったこと、
分からなかったこと、
もっと詳しく聞いてみたいことや、
その他、感想など、

コメントに残して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事が役にたったと感じた時は、
応援クリックして頂けると、とても嬉しいです。