仕事ができない自分に嫌気がさしたら・・・?まじめなあなたに贈る処方箋

「私は、仕事ができない・・・」
「私は、ダメ人間だ・・・」

と、悩んだことはありませんか?

僕はあります。
よく悩んでました。

できる上司の下で、
いつもいつもダメ出しされたり、
仕事で失敗したりしては、
悔しい思いをしていたものです。

仕事の能力を高めるのは大事だけど・・・

僕は、自分で言うのもなんですが、
結構努力家で、負けず嫌いです。

なので、

ダメ出しされたり、失敗するたびに
「もっと頑張ろう」
「もっと出来るようになろう」
と思って努力もしてきました。

プレゼンで失敗したら、
プレゼンの本を読んだり、

夜遅くまで残って、
資料を作り込んだり、改善したり、

といったことも自然とやる人でした。

(今思えば、我ながらすごい!)

でも、いくら頑張っても、
ちょっとくらい仕事のスキルが上がっても
「自分は、仕事ができないのかも」
というコンプレックスは、
そう簡単に解消されなかったんです。

『仕事できないコンプレックス』から、どうやって抜け出せた?

でも、そんな僕でしたが、
今は、割と自信満々です。

「自分は仕事できない」と
思うことは時々しかないですね。

(時々あるんかいっ!)

上司にダメ出しされたり
怒られたりすることもほぼ無いし、

深夜遅くまで残業して、
真っ暗な会社の中で、ひとり資料をつくる
なんてことも、ありません。

その時間を、自分のやりたい勉強や
ジムに行って汗を流す時間に
あてることだってできてます。

ストレスは格段に減りましたし、
体調を崩すことも減りました。

でも、いったいどうして
僕は変われたのか?

その理由は、仕事ができるようになったから
ではないんですよね。

というか、むしろ
『仕事できるかどうか』なんてどうでも良いぞ〜
と昔の自分に教えてあげたいほどです。

(まあ、もちろん、仕事はできるのに
越したことはないんですけどね〜)

僕が、自分を変えた方法、
それは、

首の角度を変えたこと

だったんです。

変化を起こすには『首の角度』を変える

はて?

「首の角度を変える」と言われても、
意味分からないですよね。

『首の角度を変えた』というのは
今までは下を向きがちだった自分の首を、
上を向くように角度を変えた、ということです。

すると何が変わるって、
『見えるもの』が変わるんです。

僕は、首の角度を変えることで、
仕事に嫌気がさしてた自分から脱却して
自信が持てるようになったんです。

首を下に向けていた時は、

  • 「どうして私はできないんだろう?」
  • 「できない理由はなんだろう?」

できない原因ばかりが見えてたんですよね。

でも、首の角度を変えて、
上を向くようになると、
違うものが見えてきます。

  • 「僕は、本当はどうなりたい?」
  • 「理想の自分は、どんな風に仕事をしている?」

って風に、できない原因ではなくて、
できてる姿について具体的にイメージして
見るようになったんです。

下を向いてると、だんだん嫌になってくる

信じられないかもしれないですが、
本当に、そんなささいなことが
人生を大きく左右してしまうんですよね。

僕がそのことに気づけたきっかけは
一度、会社を辞めたことでした。

会社のせいで、下を向いてしまう

会社の中にいる時は、気付かなかったんですが、
会社の中にいると

人からダメ出しをされまくる

んですよね。

悪意か、善意かはともかく、会社の世界って、
人にダメ出しをする人がたくさんいるからです。

たとえば、

僕の昔の上司も、ある程度、
思いやりとか愛情とかを持って、ダメ出しを
してくれていたんですよね(きっと)

僕の悪いところや、
僕の改善すべきところ、
僕がダメな理由、
などなど、たくさんたくさん
気付かせてくれました。

でも、思いやりがあろうと、愛情があろうと
ダメ出しは、ダメ出し。

自分の嫌なところを
強制的に見させられます。

それは、頭を上から押さえつけられて
上を向けないように無理矢理に
下を向かされているようなものなんですよね。

そんな時間が長くなれば
自分に自信がなくなって、
仕事が嫌になってくるのも当たり前。

それが日常的になるとなおさらです。

あ、ちなみに当時の僕が内心密かに
そんなことを考えていたわけではなく、
コーチングとか、アドラー心理学とかを
学んだ今だから分かったことですからね ^^;

ダメな部分なんて無限に見つかる

できないことや、
できない理由は、
次から次へと見つかります。

  • 英語ができない
  • プレゼンができない
  • 人と楽しく談笑できない
  • パソコンができない
  • 人への頼みごとができない・・・

と、幾らでも無限に出てきます。

するとどうなるか?というと、

「ああ、僕は仕事ができないんだ」
「ああ、私はダメなんだ」

という悪いセルフイメージがさらに
どんどん強固になっていってしまうんですよね。

そして、ますます本当に仕事が
できない自分になってしまいます。

仕事ができる人の視点

言っておきますが、仕事がめちゃめちゃできて
バリバリに働ける人でも、

「どうして私はできないんだろう?」
「どこがダメなんだろう?」

って考え始めたら、いくらでも無限に
答えは出てきてしまいますよ。

仕事ができる人が、
どうして仕事ができるかと言うと、

「どうして私はできないんだろう?」
「どこがダメなんだろう?」
『考えないから』です。

ここ大事ですよ。

そもそもそんなこと考えないんです。

だって、誰かしら仕事のできる人を
想像してみてください。

彼らが、毎日毎日、

「私はどうしてできないんだろう?」

って悩んでると想像できますか?
多分、違いますよね。

きっと、どちらかと言うと、

「次は何をしようか?」
「どうしたらもっと良くなるか?」

ということを考えてるに違いありません。

見ているところ(意識が集中してるところ)
が違うんですよね。

首の角度を上に向けろ

だから僕らにとっても、大事なのは
首の角度を上に向け、
見る場所を変えてしまうことなんですよね。

具体的には、次のようなステップ、

==============================
STEP1.
下を向き、ダメなところを探してしまう
という癖が出る回数を減らす

STEP2.
首の角度を上にあげる

STEP3.
「どうなりたいのか?」
「どんな風に仕事がしたいのか?」
を見るように癖をつける

STEP4.
気持ちが前向きになるだけでなく
自分を変える行動が取れるように変わる
==============================

ということをやっていくことで、
仕事で、自分に嫌気がさしたり
くよくよ悩んだりする時間が減ってきます。

そして、だんだんと自分に自信が付き、
それだけでなく実際に、自分や周りの環境を
良くするように効果のある行動が取れるように
変わっていくんです。

STEP1. 下を向き、ダメなところを探してしまう癖を減らせ

自分が自分にダメ出ししてしまう回数や、
会社で人からダメ出しを受ける回数、
これを減らすことの重要さってバカにできません。

僕も一度会社を辞めて、その世界観から離れた時に、

  1. ダメ出しをする人がいなくなり、
  2. 自分のことをダメだって思う回数が減り、
  3. 仕事に一生懸命すぎて、そんなこと考える暇もなくなり

気が付いたら、
自分のことをダメだとか、
自分は仕事できない人だとか、
思わなくなっていたんですよね。

じゃあ、そうなるためには

「環境を変えるしかないの?」

・・・と言われると、
決してそんなことはありません。

会社の中にいても、考え方1つで
仕事ができない自分を変えることが
できるんですよね〜。

そのための方法が、STEP2の
首の角度を変えるということなんです。

STEP2. 首の角度を上に向ける

下を向いてしまっている自分、
つまり自分のダメな部分や、
できない原因ばかりに目が行ってることに
自分で気づいたら、首の角度を変える
ということを意識しましょう。

見ているところを変えるのです。

STEP3. 「どうなればいいのか?」に視線を向ける

見るべきところは、どうなれば良いのか?

イメージして欲しい姿は
できている自分です。

どういう風になりたいのか、
具体的にイメージするのが
大事なんですよね。

ちょっと考えてみてください。
たとえば、こんなことです。

  • あなたは仕事ができるようになって、
    誰にどんなことを言われたいですか?
  • そうなったら、どんな感情で毎朝目が覚めていると思いますか
  • 誰と一緒に仕事していますか?
  • その一緒に仕事してる人(人達)は、
    どんな表情をしていますか?

といったことを想像するんです。

できてることは何か?ということの方を
考えて書き出してみましょう。

STEP4. 嫌気のさしてしまう自分とサヨナラする

ダメ出しを減らし、
首を上に向け、
どうなれば良いのかにフォーカスする

このステップを取り入れるとで、
あなたは気持ちの良い自分自身を手に入れて、
だんだんと仕事に対しても
自信が持てるようになると思います。

仕事ができない自分に嫌気がさしたら・・・上を向いてみよう

首の角度を上に向けよう!
ということです。

「え!?そんなことで??」

と感じたかもしれませんが、
この方法は本当に強力です。

ダメな点を見ていた時は、
悪い点を直すという対処療法が
延々と続くので気も滅入ってしまいます。

でも良い姿(理想の姿)をイメージして
目指し始めると、もちろん今の自分とは
距離があって、改善しなきゃいけないと
感じるにしても、とても前向きな気持ちで
取り組むことができます。

ダメなところを改善しても、
マイナスが0になるだけですが、

理想の姿を目指すと、
最初はマイナスでも、いずれは
プラスになっていきますからね。

前向きで取り組むと、すごい
力も出るし、改善も早いです。

これは本当にそうなんです。

理想の姿を目指していても、
最初のうちは、できることも
少ないかもしれませんね。

でも、理想の姿と今の現在地との
ギャップを埋めながら、小さなことで
OKなのでできることをどんどん
増やしていきましょう。

それが大事。

たとえ小さなことでも、
積み重なると、やがてすごく
大きなことができるようになります。

実は、それが自信の作り方です。

小さな成功体験を重ねていくんですね。

あなたも聞いたことが
あったんじゃないでしょうか。

自分ができることが増えてくると、

「私、仕事できない〜」
「僕はダメなのかも〜」

なんて考えることもなくなるくらい
自信がついてくると思いますよ。

そのためにも、首の角度を変える
ぜひ取り入れてみてくださいね。

ではでは。

最後までお聞きくださり、
ありがとうございました。

 

コメントお待ちしています

疑問に思ったこと、
分からなかったこと、
もっと詳しく聞いてみたいことや、
その他、感想など、

コメントに残して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事が役にたったと感じた時は、
応援クリックして頂けると、とても嬉しいです。