普段力が発揮できない人へ。小学生にも効いてしまうパフォーマンス向上法

あなたには、

「なかなか普段通りの
力が出せないよ〜〜〜」

というお悩みはないでしょうか?
今回はそんなお悩みに効くお話です。

この間、面白い話を聞きました。

小学生の徒競走、
50mとか100mとか走る、
あの徒競走ですが、

陸上の先生が言ってたんですが、
簡単に小学生のタイムを縮められる
アドバイスがあるんですって。

たった一言のアドバイスなのに、
ほとんどの子供が一瞬で
速く走れるようになるんです。

どういうアドバイスだと思いますか?

それは・・・

・・・

「笑顔で走ってごらん」

というアドバイス
だそうです。

走る時に笑顔で走る、
それだけで本当、見事に
タイムが縮まったのは驚きでした。

面白いと思いません?

「身体」と「感情・心」とは、繋がっている

人の身体と感情とか心とかって
ものの見事に繋がってるんですね。

もちろん、小学生だけの話じゃなくて、
大人も同じですよ〜

そして、心と身体が繋がってるってことは
逆もまたしかりです。

えっと、つまり

  • 身体にとって良くない状態でいると、
  • 心も良くない状態になっちゃう

ということですね。

これは気をつけないといけません。

たとえば僕は、普段の仕事では、
あまり体を動かす時間がありません。

  • ノートに何か書いてたり、
  • 本を読んでたり、
  • パソコンに向かっていたり、
  • もちろん人と話をする時も、

・・・大抵、椅子に座っています。

あなたの普段はどうですか?

まあ、油断していると
すぐに身体がカチコチです。

僕の場合は、肩や目にきたり、
頭痛になってしまう時もあります。

そして、一見集中してるようですが、
実はパフォーマンスも落ちてます。

長時間同じ体勢でいると、
自分のパフォーマンスも大きく低下して
るんですが、なかなか気づけません。

気づいてなくても、

  • アイデアが出にくくなったり、
  • 同じようなことを何度も考えたりと、

時間の割にあまり効果的でない状態に
頭の方もちゃんとなっちゃってます。

パフォーマンスを上げるために、どうすれば良いか?

身体がコチコチになって、

  • アイデアも出にくい、
  • パフォーマンスも落ちている、
  • 集中力も続かない、

こんな状態から抜け出すには、
どうすれば良いでしょうか?

・・・
・・・

先ほどの小学生を思い出して下さい。

笑顔をつくるのも1つです。
実際、小学生にも効果が出てしまう
とても良い方法ですよね。

他にも、身体を動かすのも良いです。

これが、”走る”とか”ジムに行く”
だとハードルが高すぎて、僕も
おすすめできないですが、

“背伸びする”

だとどうでしょう。

両手を組んで、あ〜っと
上に思いっきり伸ばすだけです。

これを30分だとか1時間に1回やるだけで
めちゃめちゃ気持ち良いです。

身体がリラックスできて、
気分がよくなるので、
頭の中もフレッシュになります。

新鮮な空気が吸い込めるし、
血流も良くなるんでしょうね。

身体や心のパフォーマンスを上げるために
ちょっと笑ってみたり、
背伸びしてみたり、

その程度の心がけで良くなるなら
結構良いと思うんですよね〜

身体を動かすのが効果的なんだ!って覚えておこう

というわけで、

頭を働かせたり、
自分の機嫌を良くしたりするのに

実は、“身体”を動かすのが
効果的なんだ
ってことを
ぜひ覚えておいて下さい。

そうそう、僕らみたいにコーチングを
やってる人も、このテクニックをよく
使ってるんですよ〜。

身体を動かしてもらってるんです。
さりげなくですけどね。

暗い話題から、明るい話題に
変換する時や、

ちょっと考えが堂々巡り
してるな・・・と感じたら

伸びをしてもらったり、
ちょっと上を向いてもらったり、
水を飲んだり、立ち上がって貰ったり

実は身体を動かしてもらってます。

すごく効果的だからなんですよね。

そんなわけで、

身体を動かしたり、
笑ったりすること、

ぜひ意識してあなたも
取り入れてみてくださいね。

とても簡単ですしね。

ではでは。

最後までお聞き頂き、
ありがとうございました。

ぜひ、あなたからの感想やご意見も
お聞かせください。お待ちしています