理不尽なできごとも、前向きに変える4ステップ

理不尽な出来事も前向きに癒すための4ステップ

たとえば会社に勤めていると
ものすごく理不尽なことって
頻繁に起こりませんか?

『友人との大切な約束があるのに
残業を強要される』

『体調が悪いのに、休めない』

『仕事を抱えているのに、さらに
別の仕事を押し付けられる』

・・・

僕もこれまでにこんな経験を
たくさんしてきました。

傷ついたり、怒っても、
自分ではどうする事もできなくて
本当、無力さや悔しさで
いっぱいだったのを覚えています。

それが続くと気付かない内に、

「自分って無力だな、小さいな、
「どうせ自分なんて・・・

なんて気持ちでどんどん自信も
失っていってるんですよね。

でも・・・

こんな理不尽で、
自分を責める必要なんてないです。

頑張ってるんですから。

あなたが自分のことを
みじめに思う必要なんて
これっぽちもないんですよね。

今は勉強して、色んなことが
見えるようになってきたからこそ
言えるんですけどね。

自分に掛けてあげたい2つの言葉

もし今の僕が、かつての自分に
言葉を掛けるとしたら・・・

2つの事を言ってあげたいです。

1つは、別に良いんだよってこと。

本当は、友達との約束を
優先したって良いんだよ。

身体を休めてあげても良いし、
仕事を断ったって良いんだよ。

自分の好きなようにしても
良いんだよってことを
伝えてあげたい。

そしてもう1つは、
それなのに残業したり、
頑張って会社に来たり、
仕事を引き受けたり、

頑張ってるよね、えらいね、
ってこと。

自分には選択権はない、
強要されてるって思うかも
知れないけれど、
本当は違うんですよね。

本当は、自由だし
ちゃんと自分の中でベストだって
思う道を選んでるんです。

人間は強いんです。

奴隷なんかじゃないし、
自分の意志でどうにでもできる力を
ちゃんと持ってるんですよね。

そしてそのことに気付いたら、
自分で自分の人生をコントロール
できるようになるんです。

人は自由だし、
頑張ってるし強い。

理不尽なこともどんどん減るし、
もし起こってもダメージも少なくなり
笑っていられるんです。

理不尽な出来事も、前向きに変える4ステップ

さて、ちょっと

理不尽な出来事があった時も
みじめにならず、笑ってられるように
トレーニングをしてみましょうか。

良かったら次のエクササイズに
取り組んでみて下さいね。

========================
STEP1.
あなたが最近1番理不尽に
感じたことは何ですか?
嫌だけどやらなきゃいけないと
感じたことは何ですか?

例:残業

STEP2
あえて言うなら、
それをすることで、
どんな良いことがあったと
思いますか?

例:
上司の顔を立ててあげられた
お客様がピンチを乗り切れた
職場でもめずに済んだ

STEP3.
その出来事(例:残業)は
無理矢理やらされたと思ったけど
もしかしたら、自分で自由に
選んでやったのかもな、と
ゆったり考えてみて下さい

STEP4.
自分で選んでやった自分を
ほめてあげて下さい
========================

自分の人生は、自分でコントロールできる

さて、いかがだったでしょうか。

生きてると、嫌な出来事や
理不尽な出来事だって
時にはやってきます。

でも、そんな時に、
自分のことを、奴隷のように
感じることもできれば、
自由を持っているんだと
感じることもできるんです。

出来事は起こりますが、
捉え方は自分次第。

そのことに気付けると
人生は大きく変わります。

自分でコントロールできるからです。

あなたは人の言いなりで生きる
必要はないし、自分で何でも
決められるんです。

今日はそんなお話でした。

あなたは自由だし、笑っていられる
人なんですよ。

ではでは。

最後までお聞き頂き、
ありがとうございました。

ぜひあなたの感想やご意見など
お寄せいただけると嬉しいです。