あなたの話は分かりにくい?言葉の使い方を変えて、自分のファンを増やそう

あなたは、自分の話がなかなか分かって
もらえなくて、困った経験はないですか?

今回は、そんな悩みを簡単に解決できる、
その方法をお話したいと思います。

話が分かりやすくなると、あなたが喋ると
周りの人が、

  • 「分かる〜」と共感してくれたり、
  • 「そうそう!そうだよね!」と、
    興奮気味に聞いてくれたり、

と言ったことが起こります。

  • 頭良いよね!
  • 仕事できるよね!

という印象で、あなたを認識するように
なってくれたりもします。

今までは、話をしていても

  • 聞いてる人が、シラーっとしてたり、
  • 反応がなくて、聞いてるか聞いてないか
    分からないような顔をしていたり、
  • はたまた、話した内容がすぐに
    忘れられてしまったり、

そんな悔しい経験があったとしても、
今回の話で、きっと大きく変えることが
できると思います。

聞いてる人が良い顔をしてて、
自分のファンが増えた!?と思うような
感覚も得られるかもしれません。

そんなお話をします。

やればすぐに効果の出る方法です

今回するお話は、意識さえすれば
すぐに始めることができます。

即効性もあるので、すぐに効果も出ますし、
やり続ければ、さらに大きな効果を
出せるようになっていきます。

ただし、それはやった場合だけなので、

  • 「学んだなー」
  • 「なるほどなー」
  • 「いい話聞いたなー」

と思うだけでなくて、聞いた後に実際に
やってみることを意識しながら、
読み進めてみてくださいね。

話す内容は同じなのに、相手の印象を180度変えてしまう「言葉への意識」とは?

僕らが話をする時に、相手の人が、

  • シラーっとしているか、
  • 身を乗り出して聞いてくれるか、

それを左右するのは「言葉への意識」です。

言葉への意識・・・と言われても、
よく分からないと思うので、これから
説明していきますね。

「一方通行」を「双方向」に変えろ

もう少し具体的に話していきましょう。

「言葉への意識」を変えるのですが、

言葉とは・・・自分の言いたいことを形にして、表に発したもの

という『一方通行型』ではなく、

言葉とは・・・相手から反応を引き出すために、相手の人に投げかけるもの

という『双方向コミュニケーション型』
なんだって風に変えます。

同じ言葉を発するのだとしても、
自分の言いたいことを、ただ一方的に
「ひとり言」のように喋るのではなく、
会話のキャッチボールをして
「相手から反応を引き出すこと」
に意識を向けるのです。

なんとなく、このニュアンスの違い、
伝わりますかねー?

ひとり言になってしまってる人は、意外と多い

自分は人に話してるつもりなのに、
「ひとり言になってる」になってるよって
言い方はちょっと厳しいんですけど、
実際問題、「それひとり言やろ!」って
話し方になってる人は多いです。

はたから見たら、全然伝わってないから!
って人。

特に、会社とか公共の場だと、
ほんと多いかな〜って思います。

ほら、なんとなくかしこまって
話さないといけないし、

言ってることが分からなくても、
聞き返すのも失礼かな・・・って
いう空気も出てしまいますもんね。

そんなわけもあり、多くの人が、実際問題、
ひとり言みたいになってしまってます。

だからあなたが率先して、話し方を変えてみよう

多くの人がそうなってしまってて、
慣れてしまってる状況だから、余計に、
「言葉とは双方向のコミュニケーションだ」
と意識して、話し方を変えるだけで、

  • 周りの人と比べて、断然分かりやすい!
  • 話してて楽しい!
  • 聞いてて楽しい!

って、感じてもらえるようになるんです。

具体的にどんなことをすれば良いのか

ではでは、

言葉の使い方を「ひとり言」から
「コミュニケーション」に変えるって
具体的にはどうすれば良いの?

ってことを話していきましょう。

間(ま)をあける

言葉の役割として、
「相手からの反応を引き出すこと」
を意識しようって先ほど言いました。

だからたとえば、単純な話なんですが、

“間(ま)をあけてみる”

といったことが、効果的になってきます。

「これがね、あれがね、こうなってね、
あーなってね、ぺちゃくちゃ、
ぺらぺら、それでそれで、
あーなって、こーなって・・・・・・

って一人で一方的に話すんじゃなくて、
少し話したら、間を置くんです。

そして、相手の目を見るんです。

  • 「分かってるかな?」
  • 「話についてこれてるかな?」
  • 「難しそうな顔してないかな?」

と気配りします。

もし難しそうな顔してたら、

  • 「分かる?」
  • 「大丈夫?」
  • 「ついてこれてる?」

って聞けば良いんです。

これって、コミュニケーションですよね。

ちなみに僕も、こういう「確認を入れる」
という方法を、セミナー講師をしてる時に
学んで、取り入れるようにしたんですが

(ほら、セミナーだと講師が一方的に
話す感じになりがちなので)

でも、これがなかなかどうして!
普段のコミュニケーションにも有効
なんですよね。

そうやって、どんどん確認を取ってけば、
相手も「こちらが伝えようとしてくれてる」ということを感じてくれるし、
積極的に聞いてくれるようになります。

言葉が単なる伝達手段ではなくなり、
会話、キャッチボール、コミュニケーション
をしてると相手も感じてくれるんです。

だから聞いてて、心地良いんです。

上司が部下に話す時などにも、とても有効な話し方

これ、もちろん、
同僚とか友人同士でも有効なんですが、
上司が部下に話す時なんかは、
本当に有効です。

こういう話し方をすると、
「めちゃめちゃできる上司!」
って思われやすいんですよね。

ほら、上司から部下の話って、普通は
どうしても、一方通行になりがちです。

でもだから、他の上司が一方通行に、
「伝達」とか「指示」ばかりしてる中で、
あなたは「コミュニケーション」をすると?

どうなりますかね?

・・・もうめちゃめちゃ強力なんです。

だから、言葉の使い方を「ひとり言」から
「コミュニケーション」に変える、
ぜひ意識して取り入れて下さい。

「話が分かりやすい人」って認識されます

そもそも、それ以前に単純な話、
本当に話が分かりやすくなりますよね。

分からないところは、分からないって
言ってもらえるし、
あなたはあなたで分かりやすい言葉を選んで
話すことを意識できるようになるのでね。

そ、こういう

  • 引き出すこと、
  • コミュニケーションであること、

を意識してると、「間」や「確認」といった
以外の要素、たとえば「話すテンポ」や、
「分かりやすい言葉を選ぶセンス」なども、
自然と洗練されてくるっていうメリットも
あるんですよね。

  • コミュニケーションのうまい人、
  • 話の分かりやすい人、

というポジションを、あなたは
手に入れられるってことです。

まとめ

さてさて、今回は、もしあなたが、
自分の話が分かりにくいと悩んでいても、

ちょっと「言葉への意識」を変えてくだけで
すぐに分かりやすい話し方ができるし、
なんなら「話が分かりやすい人だ!」って
自分のファンもできてきますよ〜

ということを話してきました。

そのためにやるのは

  • 「ひとり言」
  • 「一方通行」
  • 「単なる伝達」

ではなくて、

  • 「コミュニケーション」
  • 「キャッチボール」
  • 「会話」

ということに言葉の意識を向ける先を
変えてみるいうことでしたね。

一方的に話すのではなく、
少し間をあけたり、
相手の顔や反応をしっかり見ながら

「分かる?」
「大丈夫?」
「ついてきてる?」

って聞きながら、話を進めていきましょう。

このように、きちんと相手の反応を得ると、
あなたはあなたで、

  • どんどん話が分かりやすくなり、
  • 話が上手になっていく

ってメリットもありました。

こういうことを意識してできる人って、
特に会社の中には少ないですし、
あなたが取り組むとすぐに

「あの人の話は分かりやすい!」

って感じてもらえて、周りの人の反応も
変わってくるはずです。

「できてるかどうか」を意識

最後にもう一度。こういう話って

「そうかー」
「なるほどー」

って思うだけじゃ意味がなくって、
大事なのは「できてるかどうか」です。

簡単であるがゆえ、「知ってる知ってる」で止まってしまいがちなので、必ず
「やること」、そして常に、
「できてるかどうか」を意識しながら
取り組んで欲しいなと思います。

実践していけば、気がつけば、
あなたの周りにはファンが増えていってる!
そういう状態になると思いますよ。

ではでは。

最後までお聞き下さり、
本当にありがとうございました。

 

コメントお待ちしています

疑問に思ったこと、
分からなかったこと、
もっと詳しく聞いてみたいことや、
その他、感想など、

コメントに残して頂けると嬉しいです!

 

ブログランキングに参加しています。

今回の記事が役にたったと感じた時は、
応援クリックして頂けると、とても嬉しいです。