セミナーや交流会で、内気、口下手な人が自分から話し掛けられるようになる方法

こんにちは、西井です。

あなたは、人に話し掛けるのが得意ですか?
僕は、苦手。

だからセミナーや交流会に出ても、
なかなか話し掛けられませんでした。

会社員の時はそうでもなかったけど、
自分でビジネスするなら、こういう場って、
もちろん学ぶことも目的ではあるけど、
人と知り合って人脈やビジネスの機会を
広げることも大きな目的だと思います。

それなのに、話し掛けられないのって、
なかなかの機会損失だと思いません?

実際、全然話せなかった日にゃあ、
それはそれは、へこんでました。

コーチング学びに来るような人同士なら、
お互い聞き上手だし、前向きな人も多く、
話もはずむんですけど、
そうじゃないとなかなか難しい。

隣に座ってるのに、
目も合わせてくれない人もいるし、

「この人はきっと俺の仕事には興味ない」
だとか決め込んでみたり、

相手が女性なら「ナンパ目的!?」
なんて思われたらどうしよう・・・
な〜んて、馬鹿な心配すら頭をよぎります。

いやぁ、そんな時、内気な僕の頭の中は、
カオス(宇宙)みたいに、
どこに行ってるか分からないのです。

ある「たったひと言」を使うだけ、簡単に話しかける方法

さて、今回はたとえあなたも、
僕と同じで、そんな内気な性格だとしても、
簡単に自分から人に話し掛けられる方法
をお伝えします。

どうして、簡単なのかというと、
ある『たったひと言』を使うだけ
だからなんです。

・・・

どんなひと言だと思いますか?

・・・
・・・

それは、

「名刺交換よろしいですか?」

というひと言。

これなら、超簡単だし、違和感も無いので
あなたが、内気で口下手だとしも、
余裕でできそうだと思いません?

断る人もいないでしょうしね。

どうして、これが効果的かと言うと、
名刺交換をきっかけに案外、
話が盛り上がることもあるからです。

すっげー仏頂面していた、
隣のおっさんが(失礼・・・)
話してみたら実はすっごく気さくで
良い人だった!な〜んてことも
意外とよくあることです。

話しかけた相手が、本当にちょっと
難しそうな人だったとしても、

  • 「ありがとうございました」とか
  • 「よろしくお願いします」とか、

無難なこと言って、その場を切り上げれば
良いだけですしね。

いや〜、会社の中では、名刺交換なんて
めんどうなルールだと思ってましたが、
自分で人脈を広げる状況を経験した今は、
本当ありがたいしきたりだなって思います。

僕もこの方法に気付く前は、

「誰とも話せなかったな・・・」

とスゴスゴ帰ることもありましたが、
「名刺交換だけでもできた」
と思えるだけでも
精神衛生上よろしくなりました。

これなら口下手、内気でも、できると
思いませんか?

10人に話し掛けるのは無理でも、
10人と名刺交換をするのなら、
ハードルかなり下がりますもんね。

さらに楽に話をしたいなら

そして、もう一歩踏み込むなら、
名刺にしかけをしておくと
さらにベターです。

ただの名刺交換では、話を膨らませるのは
また一段階ハードルが高いので、
話のキッカケになりそうな話題を、
名刺の中に織り込んでおく
のです。

芸人用語で、突っ込みどころを用意しておく
って感じですかね。

名刺を見てもらえたら、
自然とそこから会話が広がっていく、
そんな状態になれれば、随分
気持ちもラクになると思いませんか?

まとめ

というわけで、
話し掛けるのが苦手なあなた、
ぜひ今回お伝えした、簡単なひと言

「名刺交換よろしいですか?」

使ってみてくださいね。

ではでは。最後までお聞きいただいて、
本当にありがとうございました。

P.S.
何か分からないことや、疑問があれば
お気軽にコメントしてください。

聞きたいことがあった場合も、
コメントしてもらえると
ネタができるので嬉しいです。

感想等もお待ちしています。

ブログランキングに参加しています。
今回の記事が役にたったと感じた時は、
ぜひ応援クリックしてください。

励みになります。
最後までありがとうございました。