ネオ『給料泥棒』を目指せ!会社で働いてもっとも得する仕事術

こんにちは、にしいけんです。

『給料泥棒』って言うと、

仕事を全然しないくせに、
給料だけもらってる人

という感じの悪いイメージで
使われがちですが、実は僕は、
給料泥棒を目指していたりします。

仕事しないのに、給料だけ貰える
なんて最高じゃないですかー(笑)

とはいえ、最近のご時世のせいか、
この給料泥棒の業界も、なかなか
難しくなってきておりまして、

仕事しないで、会社にいる

・・・ってのが、これから先はさらに
どんどん難しくなると予想できます。

これからの『給料泥棒』業界

これから給料泥棒業界も、
まったく働かずに、お金をもらう
というのは難しくなってくるので、
少し考え方を変える必要がありそうです。

ポイントは、2つあると思っていて、

1つ目は、
『それなりには働く』ということ、

2つ目は、でも、その上で
『貰える財産は増やす』ということ

の2つです。

まあつまり、
ちょっとは自分も働くけど、
その分、これまで以上にたくさん貰おうぜ!
結果、泥棒稼業をプラマイトータルで見て
プラスになるようにしていこうぜ!
ってことです。

まあ『給料泥棒』とか言いつつ、
健全ですね。(ごめんなさい)

がっぽり貰う方法

『いかに貰える財産を増やすか』

ってことが、僕らの目指す新しい
給料泥棒(ネオ給料泥棒)では重要です。

とはいえ、会社に

「給料あげてくれぃ〜」と言っても、
「無理ぃ〜」
と言われるだけです。

たとえ運良く上げて貰えたとしても、
せいぜいスズメの涙程度でしょう。

だから、たとえ貰える給料据え置きでも、
代わりに財産となるものを
貰えるようにしていくんですよね。

『現物支給』みたいなイメージでしょうか。

発想の転換ですね。

お金以外で、貰えるものを探してみよう

実は、会社勤めで手に入るものって、
意外と沢山あります。

「給料」はもちろんですが、
たとえば、
「仕事の経験」
「個人だとできないような仕事」
「他人の時間」「他人のスキル」
「自分のスキルのレベルアップ」
「社会的な信用」
「保険や福利厚生」
「パソコンなどの環境」
・・・などなど、

お金って枠を取っ払って考え始めると
本当にいろいろ出てきます。

これらを、できるだけ狡猾に
頂戴していくってことが、
ネオ給料泥棒のスキルなんです。

なるべく自分はちょっとしか働かず
たくさんのものを貰うようにする、
つまりリターン率を上げるんです。

頂けるものの増やし方

仕事の経験。
失敗しても会社の責任です。
自分でやってるビジネスだと、
全部自分の背中に乗っかってきますからね。

やっときたいものは、
やっとかないと損です。

他人のスキル。
会社だと周りに人がいます。
自分にないスキルでも、聞いたら
誰かが教えてくれたりします。
これ、超絶に、お得ですよね。

他人の時間。
自分がやるのを面倒なことを
誰かが代わりにやってくれたりします。
自分のビジネスだと、お金払って
やってもらう必要があるようなことでも
同僚が笑顔でやってくれたりもします。
『時間』も手に入るってことです。

信用。
会社員だっていうだけで、
クレジットカードが作れたり、
人が勝手にすごいって思ってくれたりします。
僕も、一回会社員を辞めて気づいたんですが
意外と恩恵を受けてるんですよね。

スキル。
会社の仕事をする経験の中から、
自分のスキルになるような
役立つ経験が得られたりします。
他社に移ったり、自分のビジネスを
始めたりする時に役立つような経験だったり
あるいは人を動かしたりするような経験、
これらが実は将来役立ったりします。

(自分のコンテンツとして体系化し、
まとめておくのもオススメです)

・・・
・・・

こんな風に考えると、会社にいることで
手に入るものって沢山あるんですよね。

だから、ネオ給料泥棒としては、
できるだけ自分にとって
『価値の高いもの』が得られるように
仕事を選んでいきましょう。

意識しておくだけで、相当変わるはずです。

『くれくれ君』は危険

ここまでお話したような感じで、
お金以外で考えても、得られるものは
沢山あるんですよね。

これを上手に狡猾に頂いていくのが、
ネオ給料泥棒の腕の見せ所です。

でも、『いっさい働かずに』もらう
ってのはなかなか難しそうでもあります。

そう、実際難しいんですよね。

もらおうと思ったら、自分から
何かしら働きかけていく必要が
あるってことです。

本当の泥棒も、家に入るために
色々調べたり、移動手段を確保したり、
綿密に計画したり・・・と
それなりに努力をしてるのと同じで、
給料泥棒といえども、
それなりには労力をかけましょう。

労力かけすぎて、自分がへろへろに
なっていては本末転倒なので、
あくまで、
「かける労力」と「貰えるもの」との
バランス感覚は必要ですけどね。

最終的にはいただくので、
最初は自分の方が、GIVEする(与える)
気持ちでいたほうが良いですね。

最初、良い顔しておいて
周りの人に信頼してもらうと、
給料泥棒稼業もやりやすくなる
ってもんです(笑)

ネオ給料泥棒を目指そう

というわけで、あなたもどうせ働くなら
ネオ給料泥棒を目指してみましょう。

貰えるものは、貰わないと。損、損!

そのためにやるべきことは、

==============================
STEP1.
お金以外に、何を貰えそうですか?
思いつくものを書き出してみましょう

STEP2.
それを貰うためには、あなたは
どんな行動を取るのが良さそうでしょうか?
アイデアを出してみましょう。

STEP3.
それをやることは割に合いそうですか?
損してませんか?得してますか?

STEP4.
もし、損してるなら、どんな風にしたら
自分が得するように変えられるでしょうか?
先ほどのアイデアを改善してみましょう

STEP5.
アイデアを実際に行動にうつして、
貰えるものは、できる限り
貰っていきましょう
==============================

あなたも今すぐ、ネオ給料泥棒

給料泥棒というと、これまであまり
イメージも良くなかったかもしれませんが、
上手にやれば結構良いものだ
と思いませんでしたか?

まったく働かないわけでもなく、
それなりには働くし、

自分も色々貰っていますし、
貰うのは金銭同様に役立つことばかりです。

お金をもらうわけではないですが、
その分、周りからも気づかれず、
ブーブー言われたりもしません。

なんていっても、これからの時代、
自分の人生の時間を、会社に搾取
され続けるなんて悔しくもあります。

それなら、たとえ給料泥棒でも、
誰かを傷つけるわけでもないし、
自分にとっても価値をいただくわけだし
良い働き方なんじゃないかと思うんですよね。

やりがいも持てる働き方です。

そのためにも、あなたは何を頂戴するか
しっかりと狙いを定めて、
自分の働き方を変えることです。

どんよくに貰ってくつもりで、
最初は何か1つでも良いので、
実際に行動に移してみましょう。

そして、これからの時代の
『新しい給料泥棒』になっていきましょう。

ではでは。最後までお聞きくださり、
本当にありがとうございました。

P.S.
何か分からないことや、疑問があれば
お気軽にコメントしてください。

聞きたいことがあった場合も、
コメントしてもらえると
ネタができるので嬉しいです。

感想等もお待ちしています。

ブログランキングに参加しています。
今回の記事が役にたったと感じた時は、
ぜひ応援クリックしてください。

励みになります。
最後までありがとうございました。