敵を減らして、味方を増やす人がやってる思考法

にしいけんです。

敵を減らして、味方を増やす方法
についてお話したいと思います。

たとえば、会社とかで
周りに嫌な人いません?

たとえば、めちゃめちゃ
自己中心的な上司とか

能力があるのに、やる気が見えない部下とか

遅刻常習犯、時間やルールを
守らない同僚とか、

周りにそんな人っていると思うんですよね。
そういう人って

「ちょっと嫌いだ」

「苦手だ」

って感情ありませんか?

そういう人とは、できれば
関わらないでいたいかもですけど、
でもそういう訳にはいかない状況も
あるじゃないですか。

直属の上司が苦手な人だったら
まあ、毎日がストレスですよね〜。

ねえ〜、そう思います。

なので、これからお話する方法で、
そんなストレスから抜け出しましょう。

嫌いな人や苦手な人でも
あまりストレスを感じなくなるばかりか、
味方に変わってしまうかもしれません。

あなたの協力者にしてしまうんです。

今まで嫌いだったあの人が、

「あれ?結構良い人じゃん!」

「わりと好きかも」

なんて人に変わったとしたらどうでしょう?
結構、良いですよね。

それを実現しましょう。

周りいる敵を減らして、
味方に変えてしまう、
そんな方法をお伝えしたいと思います。

敵を味方に変える方法

さてさて、敵を味方に変える方法ですが、
それは簡単に言えば、

共通の目的を探す

ということです。

相手の望んでることと、
あなたの望んでることとの、
共通点を見つけるんです。

敵の目的がたとえば、

とにかく自分の力を誇示したい
自分はすごいんだぞと周りに認めさせたい

ということだったとしましょうよ。
嫌な人ですよね。よくいるけど。

そうした場合、まず考えるべきことは

相手(敵)の望みに協力してあげる

ってことです。

その人が、自分の力を誇示できるように
すごい人だって周りが認められるように
協力してあげるんです。

「そのために、自分にできることは何だろうな〜?」

「どうしたら力になれるかな〜?」

ということを考えるんです。

ちゃんと真剣に、できることを見つけて
協力してあげようという気持ちで。

「どうしたらその人が喜ぶだろう」
「どうしたらその人は嬉しいだろう」

ということを想像して考えてみます。

たとえば、

その人が成果を上げられるように
仕事でサポートしてあげる、

とか

すごいですねー!と尊敬の声をかける、

とか

さらに上司とか力のある人に
さりげなく推薦や布教活動を
やってみる、

とか

されたら嬉しいだろうなーというアイデアを
相手の立場に立って考えてみます。

そうすると、何が分かってくるかと言うと
相手の人となりが分かってくるんですよね。

感情移入してると、
ちょっと愛しく思えてくるから不思議。

嫌なところがありつつ、
敵でありつつ、

「ちょっとかわいいところもあるやん」

「困ってるんやなー」

なんていう人間らしさも見えてきます。

ダメなやつだとしても、
良いところも見えてくるのが
面白いところなんですよね。

そうそう、そう思えるためのスイッチが、
相手の目的や望みを考えてみる
ってことなんです。

「相手はどうしたら嬉しいかな?」
「何か協力できることないかな?」

って考えるのが引き金になるので、
そこから始めてみるんです。

あなたに協力してもらうには?

ステップ2は、今度は
あなたの目的に協力してもらう
ということです。

このステップは、さっきと
逆のことをやります。

「相手の人が何をしてくれたら、
私は嬉しいかな?」

と想像してみます。

「何をしてほしいんだろう?」

「どういう協力をしてほしいんだろう?」

「どんな風に力を貸して欲しいんだろう?」

と考えます。

この想像して考えることが大切です。

だって、そもそも敵だ、嫌なやつだ、
と感じてた時には、相手の人が
自分に協力してくれるなんて
思ってませんでしたからね。

ただ、嫌なやつだ、ってことに
フォーカスが当たってんですよね。

「どんな風に嫌なやつか」
「何がどれほど嫌か」
ってなことばっかり考えてしまうんです。

だからますます嫌な相手に
なってしまうんですよね〜。

というわけで、あなた自身が、

「何をしてほしいんだろう?」

「どういう協力をしてほしいんだろう?」

「どんな風に力を貸して欲しいんだろう?」

ってことを具体的に想像して考えるのが大事です。

そうすると中には本当に実現しそうなことも
見つかったりしますからね。

そうしたらお願いしてみたら良いんです。

そう、ステップ2は
相手の人に、あなたに協力してもらう
ためのやり方なんです。

敵を味方にする2つのステップ

ステップ1で
自分が相手に協力できることがないか
を考えてみる

これだけで、敵だった相手のことも
ちょっと印象良くなってきます。

そして、ステップ2では、今度は
自分のために相手に協力してもらう
ということを考えます。

ステップ1、2で、
お互いにとって利点がある
共通の目的が見つかれば
双方うまく進められると思いません?

まあ、利点とか考えなくても、
すでに相手の人への印象も
ちょっと良くなってるんですけどね。

周りにいる色んな人に
このような考え方を適用していけば
敵はできにくくなりますし、
味方は増えていきます。

ほんと、誰にでも使えると思うんですよね。

いい考え方だと思いません?
取り入れたら良いと思うんですよね。

ぜひ自分の周りの人を味方にするためにも
参考にして実践に取り入れてみてください。

ではでは、最後までお聞きくださり、
ありがとうございました。