ネガティブな時間を減らそう!自分をご機嫌にするコツ

こんにちは、西井です。

今日はスタバでこれ書いてたのですが
たまたま隣にいたカップルの女性が
僕がすごーく苦手な感じの口調で、
秒速で気持ちが萎えてしまいました。

「これじゃいかん」と思い、
速攻で席を移り、イヤホンを耳に
突っ込んで、声が聞こえてこないように
Red Hot Chili Peppers のロックを
音量大きめでかけちゃいました。

ま、逃げるのも大事ですよね〜 ^^;;

さて、ちょうど今日は
狙ってたわけじゃないんですが、

“自分のご機嫌を整える”

という話をします。

自分の『ご機嫌』が、パフォーマンスに大きく影響する

  • 仕事がはかどる、はかどらない、
  • 行動できる、行動できない、
  • 力が発揮できる、できない、

といった、僕らのパフォーマンスを
決めているものはなんでしょう?

それは実は、『自分のご機嫌』
だったりします。しかもその影響は
思う以上にめちゃめちゃ大きいんです。

機嫌良いと何かと上手くいきません?

  • 人と会っても楽しいし、
  • ちょっとくらい嫌なことがあっても
    笑って許せます。

だから、ますます機嫌が良くなるし
良いことづくめです。

逆に、機嫌悪いと・・・?

何もかもが悪い方、悪い方に
流れていっちゃいますよね。

大事なことは自分が機嫌良くいること

だから僕らは、

『いかに機嫌良くいるか』

をもっともっと真剣に考えた方が
良いと思うんですよね〜

いや、そうするべきです。

たとえば、隣の女性が苦手だったら、
席を移ったり、イヤホンを耳に
突っ込むのって意外と大事。

だって、そうしないと
機嫌悪い時間が続いちゃうから。

多分僕は今も、この文章も書けずに、
ずっと「早くこのカップル帰ったら
いいのにな〜」とイライラしてたはず
ですからね。

自分の仕事を充実させるのにも、

機嫌の悪い時間を減らして、
機嫌の良い時間を増やすこと、

がめちゃめちゃ重要なんですよね。

自分を機嫌良くするには?
とあるコーチに教わった方法

さてさて、では機嫌良くいるためには
どうしたら良いのか?

今回は、とあるコーチが言っていた
とても良い言葉を1つご紹介します。

その言葉とは・・・

「1日1回は人を笑わせることを
心掛けなさい」

という言葉です。

これにはもちろん僕も、大賛成です。

笑うことってすごいパワーですもんね!

それに、人を笑わすのって、
楽しいこと想像するじゃないですか。
考えるだけでも、良い気持ちに
なってきますしね。

もし面白いこと考えるの苦手なら、自分が笑う側でもOK!

もし面白いこと考えるの苦手なら、
自分が笑う側でも良いですね。

お笑いの YouTube みたりして
笑っちゃえば良い。

嫌なことがあっても、笑ってたら
不謹慎なほどに忘れちゃいますからね〜、
これが。

笑いのパワーは、自分のためにも
使ってあげれば良いんですよね。

嫌なことがあった時も、笑ってれば‥‥

自分がご機嫌じゃない時、
たとえば、嫌なことがあった時なども
笑ってるうちに、

「別に、大したことじゃないな〜」

なんて思えるかも知れないですよね。

ご機嫌でいるために、笑いの力を活用してみよう

さてさて、

ご機嫌でいることは
気持ち良くすごせるのはもちろん
能力を発揮するためにも
とても影響しています、

というお話をしてきました。

そうそう、そんな風にして、
たとえばそのために笑いの力を使って
自分が人生でご機嫌でいられる時間を
増やしていくのはとても重要です。

ご機嫌であればあるほど、
人生って好転していきますからね。

というわけで、
1日1回は笑いを!
も、ぜひ意識してみて下さいね。

(以下の記事でも、自分を機嫌よくさせる
方法をご紹介してるのであわせてどうぞ↓)

朝一番に!自分のやる気スイッチを押す方法

2017.08.18

見るだけでやる気が出る『自分やる気シート』を作ろう

2017.08.18

ではでは。

最後までお聞き頂き、
ありがとうございました。

ぜひ、あなたからの感想やご意見も
お聞かせください。お待ちしています