職場の人間関係に悩んだら、聞く仕事術

人間関係に悩んだら、聞く仕事術

こんにちは、にしいけんです。

職場の人間関係って、わずらわしいって思いません?

僕も、正直、会社の人との会話って
あんまり実りもないし、できるなら、
朝から晩まで誰とも話さないでいたいな〜・・・
なんて思うこともあります。

てへ。

でも、人が集まる場所なので、
そういうわけにもいきません。

色々人間関係にも、悩まされたりします。

そこで、今回、あなたに提案したいのが、
『聞く仕事術』を身に付けようということです。

人間関係をよくする秘訣=『聞く力』

人間関係を良くしようと思ったら、
最強なのは『聞く力』を身に付けることです。

たとえば、上司であれば、
部下の話をしっかり聞くだけで、
部下をやる気にさせたり、持ってる能力を
引き出せるようになります。

周りの同僚とも、表面上の会話だけでなく
心を開かせて、より深い会話ができるので、
仲良くなれるし、信頼されるようになります。

人から信頼されてるんだな…
と感じられると、自信にもなります。

談笑でも、真面目な仕事の話でも、
どんな場面でも有効です。

マイナス面を言えば、下手したら
モテてしまうので、社内不倫とかに
ならないよう注意は必要かもしれません。

また、聞く力を発揮できるようになると、
人の話を臨場感を持って、深く聞けるので、
まるで自分ごとのように学べるようになり、
自分の経験として活かせるようにもなります。

また、他人の考えていることや、
望んでいることが聞ければ、
気を利かせた仕事や、その人をワクワク
させるような提案をすることも可能になります。

『聞く力』ってすごいと思いませんか?

そうなんです、僕らが思っている以上に、
聞く力というのは、僕らの人間関係を
円滑に、より良いものへと変えてくれるんです。

聞く仕事術を身に付ける方法

それでは、聞く仕事術というのを
どうやって身に付ければいいのか?
というお話をしていきますね。

「話す」と「聞く」のバランス

まずは、「話す」と「聞く」の
バランスを意識することです。

話すのと、聞くのと、
何対何くらいにすれば良いと思いますか?

当然、自分が話している間は、
人の話は聞けませんから、
話し過ぎないということが
ポイントですね。

感覚的には、
話す20%、聞く80%
くらいを意識してください。

思ってる以上じゃないですか?

もう、とにかく人に話をさせて、
自分は聞くことに徹します。

人は自分が聞くことよりも
話すことの方が、大好きなのです。

だから、聞くことに徹すると、
段々あなたへの信頼が増していきます。

聞くときの態度

話を聞くと言っても、もちろん
ただ聞くだけではダメですよ。

逆の立場で考えてみてください。

あなたが話している時、相手に
鼻くそをほじりながら、
足を組んで、あくびをしながら、
話を聞かれたり、

半笑いで聞かれたり、
話した内容にいちいち
イチャモンを付けられたりしたら?

どう思うでしょうか。

話す気なくなりますよね。

そう、つまり、聞く時には、
ちゃんと聞いているという態度で聞くことが
(もちろん態度だけじゃなく本当にそうある
ことが)大切なのです。

次のようなことを意識してください。

① 信頼して聞く

相手のことを信頼して聞きましょう。

嘘ついてるんだろう?
どうせ間違ってるんだろう?
大した話じゃないんだろう?

と思いながら聞かないってことです。

② 理解に努める

話を聞いて、相手のことを
完全に理解するのは無理ですが、
それでも
「理解したい」「理解しよう」
と、相手に寄り添って聞くことが大事です。

③ 感情移入して聞く

相手の人がどんな気持ちでいるんだろう
と『感情』に注目して、聞きましょう。

嬉しいのか?
楽しいのか?
腹を立てているのか?
呆れているのか?
不安になっているのか?

どんな感情でいるのか、と思いを巡らし
感情移入して聞くことです。

④ 相手の望み・願望を聞く

相手の人が、
今、何を望んでるのか?
どうなりたいのか?
何をして欲しいのか?
ということにも注目してみましょう。

仕事を手伝って欲しいのか?
助けて欲しいのか?
愚痴を聞いて欲しいのか?
一緒に喜んで欲しいのか?

そういうことを気にすれば、
一層相手の話に深く、
入っていくことができます。

『聞く仕事術』を身に付ける方法

あなたが、この『聞く仕事術』を
身に付けるにはどうすれば良いか?

それは、実践して使っていくことです。

もう、次に会社に行く時や、人に会う時、
なんならこの後、家族と会話する時などに
積極的に意識して、取り入れていけるかどうか
がポイントになってきます。

「知ってる」と「やってる」の間には
大きな隔たりがあるんですよね。

だから、「やる」ということを
めちゃめちゃ意識して、
やるようにしてみてください。

==============================
STEP1.
聞く仕事術を、いつ誰に試すかを決める

STEP2.
話す80%、聞く20%を意識して
コミュニケーションを取る

STEP3.
聞くときには、
① 信頼して聞く
② 理解に努める
③ 感情移入して聞く
④ 相手の望み・願望を聞く
といく点には特に意識を向ける

STEP4.
次の会話にも、繰り返し臨む
==============================

聞く仕事術を身に付けよう

本当に、僕なんかは、
職場の人間関係とか煩わしいな〜
と思ってしまうほうなんですが、

それでも、人間関係が劇的に変わり、
なぜか信頼して貰えてるのは、
この『聞く仕事術』を実践しているから
に他ならないと思うのです。

本当、人との会話が苦にならなくなるし、
信頼され、ここぞと言う相手とは、
より良い人間関係を築くこともできるので、
ぜひこのような聞き方をマスターして欲しいと思うのです。

きっとあなたにとっても、貴重な
財産になると思います。

ではでは、最後までお聞きくださり、
本当にありがとうございました。

P.S.
何か分からないことや、疑問があれば
お気軽にコメントしてください。

聞きたいことがあった場合も、
コメントしてもらえると
ネタができるので嬉しいです。

感想等もお待ちしています。

ブログランキングに参加しています。
今回の記事が役にたったと感じた時は、
ぜひ応援クリックしてください。

励みになります。
最後までありがとうございました。